Just another WordPress site

特殊なテニスの大会とは

プロテニスの4大大会といえば、全英、全仏、全豪、そして全米オープンです。
湖の中で、特殊な大会が2つあります。
それは、全英と全仏です。
まずは全仏から見ていきます。
他の3つの大気に関しては、球足の速いコートが採用されております。
全豪と全米はハードコート、そして全英は芝です。
一方、全仏では土のコートが採用されております。
土のコートというのは、ボールのスピードを著しく奪います。
ハードヒッターのプレイヤーでも、全仏ではかなり苦戦します。
4大大会を全て制覇することを「グランドスラム」といいますが、最大の難関はこの全仏なのです。
そして全英が特殊なのはなぜかというと、それはこの大会の持つ権威の高さです。
特にセンターコートなどは、年に1度、この大会の決勝戦でしか使われないほど特殊なコートです。
他の大会ではよく見られるスポンサー広告も、全英大会においては、時計メーカーの1社だけしかありません。
さらに、ウェアのドレスコードも存在します。

Valuable information

2018/12/4 更新